自宅の1階と2階でネット接続(Wi-Fi)が悪いときの対策。帯域設定と中継機で解決するかもしれない。

「さっきまでWi-Fiでサクサクつながってたのに、2階の寝室に来たらつながらなくなった」
よくあります。Wi-Fiは壁などの物理的な遮蔽物にあまり強くありません。そんなときの解決策です。

1階にルーターが置いてあって、2階のWi-Fi接続が悪い

一軒家に住んでいて、光回線のケーブルは1階にしかつながっていない。2階の自分の部屋には、1階に置いてあるルーターから飛ばしているWi-Fiで接続している。でも、1階で接続しているときより明らかに接続しにくいし、プチプチ切れてしまう。

マンションに住んでいて、光回線のケーブルはリビングにしかない。キッチン、お風呂を挟んだ自分の部屋では、Wi-Fi接続している。有線ケーブルを部屋まで伸ばすことはできないし、でも、Wi-Fi接続が悪いし、本当は部屋でネットにつなぎたいけど、しかたなくリビングでネット接続している。

よくあるケースです。一般的に2LDKや3LDK程度の家であれば、Wi-Fiでも十分にネット接続できるという説明はあります。その説明を信じて、実際に自分の家で試してみたら全然つながらないとなったら大きなストレスですよね。

大きく分けて、2つの方法での改善策があります。

帯域設定(2.4GHzと5GHz)で解決

Wi-Fiには帯域というものがあります。2.4GHz(ギガヘルツ)か、5GHz(ギガヘルツ)のどちらかを使っています。この2つには特徴の違いがあって、使い分けることが一番です。

帯域の特徴

2.4GHz:多くの機器が使っている帯域であるため、干渉が多くつながりにくいが、壁などの遮蔽物を通り抜けやすい。
5GHz:あまり使われていない帯域であるため、干渉が少なくつながりやすいが、壁などの遮蔽物を通り抜けにくい。

ルーターによって、
・2.4GHzにしか対応していないもの
・2.4GHzと5GHzの両方に対応しているが切り替えを設定しないといけないもの
・2.4GHzと5GHzの両方に対応していて、状況に応じて自動で切り替わるもの
があります。

自分が使っているルーターがどのタイプのものなのかを調べてみましょう。ルーターに書かれている型番でGoogle検索をすれば、対応帯域を調べることができるでしょう。
もし「2.4GHzにしか対応していないもの」「2.4GHzと5GHzの両方に対応しているが切り替えを設定しないといけないもの」を使っているのであれば、「2.4GHzと5GHzの両方に対応していて、状況に応じて自動で切り替わるもの」に買い換えてしまうことも1つの解決策です。

中継機で解決

もうひとつの解決策としては、「中継機」を追加購入することも良いでしょう。中継機とはその名のとおり、Wi-Fiを中継してより遠くへ飛ばしてくれる機器です。コンセントに直接さして設置するものや、ルーターと近い形のものがあります。

まとめ

1階にルーターを置いていて、2階で接続が悪いときには
・帯域を2.4GHzで使う
・中継機を買う
ことが良いでしょう。

もしルーターを書い直すのであれば、GoogleWi-Fiも良いかもしれません。GoogleWi-Fiは、2018年春に発売開始されたもので、1つだけでも使えるし、複数個のGoogleWi-Fiを中継機のように接続して使うこともできます。デザインもおしゃれで、使い勝手も上々。ただし、価格が高いというデメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です