5G時代に向けたドコモ・au・ソフトバンク・格安キャリアの対応。5Gはいつからどのように実現するのか?

モバイル回線「5G」=「4G(LTE)よりめちゃくちゃ早い」という曖昧な知識しかなかったため、初心者視点(というか初心者そのもの)で調べてみることにしました。

5Gとは?

通信スピードの大容量化のためにより高い周波数帯を用いる予定であるため、マイクロ波の採用により、電波の直進性が極超短波より高まることから、携帯電話基地局の影では電波が届きにくくなり、多数の携帯電話小型基地局(マイクロセル)を数十メートル単位で設置する必要がある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC5%E4%B8%96%E4%BB%A3%E7%A7%BB%E5%8B%95%E9%80%9A%E4%BF%A1%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

まずはWikipediaを読んでみました。なるほど、設備を十分に整えないといけないのですね。それにしても、数十メートル単位で基地局を設置することはあまり現実的ではなさそうです。電注にたくさん基地局を設置するのでしょうか。

GSMAの予想では、5Gの普及は非常に緩やかかつ限定的になると考えられており、2025年でも主流な移動体通信は4Gに当たるLTEであり、5Gが通信に占める割合は3Gの半分程度とされている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC5%E4%B8%96%E4%BB%A3%E7%A7%BB%E5%8B%95%E9%80%9A%E4%BF%A1%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

スマホのほとんどが5G回線になって、いつでもどこでも爆速でネット接続する未来を想像していたのですが、そこまではまだ時間がかかるようです。5Gが普及しきる前に新しい技術が生まれてくるかもしれないですね。

Wikipedia以外のサイトを見ると、5Gは夢の技術で、近い将来「いつでもどこでも爆速でネット接続する(スマホに限らずあらゆる端末が)」ということが期待できそうな印象を受けました。どちらが正しいのかはわかりませんが、期待しつつも、期待しすぎないようにしようと思います。期待したいですが。

総務省の資料「2020年の5G実現に向けた取組」

2020年に5Gを開始することに向けた総務省の資料がありました。
http:// http://www.soumu.go.jp/main_content/000593247.pdf

5Gとは、4Gを発展させた「超高速」だけでなく、「多数接続」、「超低遅延」といった新たな機能を持つ次世代の移動通信システム

http://www.soumu.go.jp/main_content/000593247.pdf

Wi-Fiにつなぎ続けることができない環境(移動中、建物が近くにない場所、広い場所等)が、まるでWi-Fiにつながっている、もしくはそれ以上の速度でネット接続ができることを目指しているということがよく理解できました。
また、「早い」だけではなく、「遅延がない」などの信頼性も強くすることが目指されていて、自動車や医療の分野でも活躍することが期待されています。

ドコモの対応

ドコモは5G推進の中心企業

世界中で進められている5Gの開発ですが、総務省だけではなく、ドコモもその中心企業のようです。

ドコモは2020年のサービス提供開始をめざして、第5世代移動通信システムである「5G」の研究開発に取り組んでいます。

https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/technology/rd/tech/5g/

auの対応

au(KDDI)も鉄道での世界初の実証実験やエンターテイメント(スポーツ観戦等)の5G疑似体験を進めています。

高速・大容量に加え、多接続、低遅延(リアルタイム)も実現され、人が持つデバイスからIoTまで、幅広いニーズに対応できる、現在規格化が進行中の次世代無線通信システムです。

https://www.au.com/mobile/area/5g/

ソフトバンクの対応

ソフトバンクはより消費者にわかりやすく5Gを見せようとしているのかもしれません。商用化により積極的な印象があります。

ソフトバンクは、来るべき5GやIoTの時代に向けて、実証実験を通してノウハウを蓄積し、5Gのネットワークの展開時には、実際の商用環境下でも安定したサービスの実現を目指します。

https://www.softbank.jp/biz/5g/

格安キャリアの対応

格安キャリアはドコモ、au、ソフトバンクの回線を使っています。それぞれが5Gの帯域回線を格安キャリアに対して提供をすれば、格安キャリアも5Gに対応していくことでしょう。そのときになってみないとわかりませんが、まずはドコモ、au、ソフトバンクが5Gに対応し、しばらく経ってから徐々に格安キャリアも5Gに対応していくのではないでしょうか。

まとめ

5Gが実現すれば「いつでもどこでも爆速でネット接続する(スマホに限らずあらゆる端末が)」という未来になります。しかし、最初から日本全体に普及するのではなく、局所的に普及がはじまり、徐々に一般化していくのではないかと感じました。より良い未来に期待して、1年後に迫った2020年の5G実現開始を待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です