自宅インターネット回線の接続工事が必要なケースは?

「自宅にインターネット回線を通したいけど、工事って必要なの?」
「どうすれば、インターネットを使い始められるの?」

インターネット回線工事は、必要なケースと必要ないケースがあります。
※光回線を例します

インターネットに接続するために必要なものは?

インターネットに接続するためには
「物理的な回線が自宅までつながっていること」
「サービスに申し込むこと」
が必要です。

「サービスに申し込むこと」については以下記事を参考にしてください。
インターネット接続サービスの仕組み入門

結論を言うと、
「物理的な回線が自宅までつながっていなければ、工事が必要」
「物理的な回線が自宅まで既につながっていれば、工事が不要」
です。

回線が自宅までつながっているかを調べる方法

自宅に「光回線のコンセントがあるかどうか」を調べてみてください。
多くの場合、テレビや電話回線のコンセントと近い位置に光回線のコンセントも設置されています。

(「光コンセント」にケーブルがささっている状態)

この光回線のコンセントがあれば、工事不要でサービスに申し込むだけでインターネット接続を開始できます。

光回線のコンセントが自宅に見当たらないのであれば、次のステップです。
自宅が「一軒家」か「集合住宅(マンション等)」かで対応が分かれます。

一軒家のインターネット回線工事

電信柱から光ファイバーケーブル(光回線)を自宅にひきこむ必要があります。
電話回線やエアコンの通気口などからケーブルをひきこむことが多いですが、ひきこむ穴が存在しない場合、壁に約1センチの穴を開けることになります。
自宅にケーブルをひきこんだら、自宅の中の最適な場所に光回線のコンセントを設置します。

これでインターネット回線工事は完了です。
あとはインターネット接続サービスに申し込めば、インターネット開通です。おつかれさまでした。

集合住宅(マンション等)のインターネット回線工事

集合住宅(マンション等)の場合は、まずは集合住宅の管理人に工事をしていいかの確認を取る必要があります。
場合によっては壁に穴を開けることになりますし、光回線のコンセントも壁に設置する必要があります。
(一軒家であっても賃貸の場合は確認が必要なのは言うまでもありませんね)

集合住宅の場合は、
・一軒家と同じように電信柱から各戸に直接ケーブルをひきこむ方法
・集合住宅の共有の場所に電信柱からケーブルをひきこみ、各戸に振り分ける方法
の2つの方法があります。

どちらが最適かは管理人とまずは相談し、その上で回線業者に相談をしましょう。

工事が完了し、自宅の中に光回線のコンセントが設置完了すれば、OKです。
これでインターネット開通です。おつかれさまでした。

インターネット回線工事の費用は?

電信柱と、光回線のコンセントを設置したい場所の位置関係にもよりますが、5,000円から20,000円程度の工事費用がかかります。

ケーブルをひきこんだ壁の位置と光回線コンセントの設置位置が近く、部屋の壁の中を簡単にケーブルを通せる場合は、費用が安くなります。
ケーブルをひきこんだ壁の位置と光回線コンセントの設置位置が遠く、部屋の壁の中を複雑にケーブルを通さないといけない場合は、費用が高くなります。

工事費無料となるキャンペーンを実施していることもあるので、うまく活用しましょう。

インターネット回線の種類は?

シンプルに説明するためにここまで触れませんでしたが、インターネット回線にはいくつかの種類があります。

現在の主流である「光回線」には
「フレッツ光」(NTT提供)
「auひかり」(KDDI提供)
「NURO光」(so-net提供)
があります。

どれを選んでも問題なく、インターネット接続ができますが、それぞれサービス特徴(速度、料金、対応環境等)に違いがあります。