「光回線」と「モバイルWi-Fi」のメリット/デメリット、どっちが良い?

自宅でインターネットに接続する方法

自宅でネット接続するためには「光回線などを使う方法*」と「モバイルWi-Fi(ワイファイ)を使う方法」があります。

*ここではインターネット接続のための有線サービスを「光回線など」としています
*このページではわかりやすく表現するために「光回線」は回線自体だけではなく、ISPも含めたセットのサービスとして書いています

どちらを使っても問題なく、インターネット接続できます。
ただし、それぞれメリット、デメリットがあるため、自分の状況に合わせたサービスを選ぶことがおすすめです。

光回線とモバイルWi-Fiの比較表

「光回線、モバイルWi-Fiって何?」という方は以下記事もご参照ください。
インターネット接続サービスの仕組み入門

光回線のメリット、デメリット

電信柱から自宅にインターネット回線をひきこみ、サービスに申し込んで利用するタイプです。
一般的に自宅にネット回線をひくものはこれがほとんどです。

メリット

速度が安定する

物理的な回線を電信柱から自宅にひきこみ、部屋の光コンセントまでつないでいるため、速度は安定します。

転送量の制限がない

転送量の制限もなく、安定して使うことができます。
多くの容量を必要とする動画閲覧やゲームにおいても問題なく動作することができます。

デメリット

自宅でしか使えない

自宅でしか使えません。
部屋までひきこんだ光回線から無線LANルーターを使って自宅内にWi-Fiを飛ばすことはできますが、自宅敷地内がせいぜいです。

モバイルWi-Fiのメリット、デメリット

自宅に物理的な回線をひく必要がありません。
モバイルWi-Fi端末のみで無線でネット接続ができます。

メリット

外出先でも使える

モバイルWi-Fiサービスの電波エリア範囲内であれば、どこでもインターネット接続することができます。
外出先でも、自宅でも接続環境は変わりません。
ほとんどのサービスは国内の多くのエリアをカバーしているため、地方の奥地でない限り、問題なく接続できるでしょう。

デメリット

自宅が安定した電波環境とは限らない

電波エリア範囲内であっても、場所によって接続が不安定になることがあります。
もし自宅が不安定な場所に位置していたら、自宅でのインターネット接続はストレスのあるものになるでしょう。
外出先用としてモバイルWi-Fiサービスに申し込むのであれば問題ありませんが、自宅のインターネット接続のメインとして使うのであれば、自宅で一度試してみてから本格的に使い始めることが良いでしょう。

転送量の制限がある

モバイルWi-Fiサービスは転送量に制限があるサービスもあります。
月間10GBまでなら速い速度で接続ができて、それを超えると、遅い速度での接続となってしまうサービスもあります。
どのくらいの転送量を自分が必要としているのかを把握してから使うと良いでしょう。

自宅ならおすすめは光回線

自宅で使うなら「光回線」を使うことがおすすめです。

これからの時代、インターネット接続はPCやスマホだけではなく、家電やゲーム機など多くのものが接続します。
モバイルWi-Fiサービスだとやはり転送量や安定性の問題があり、一般的なWEBサイト閲覧を超える利用はストレスになることが多いです。

電気、水道、ガスに次ぐインフラの1つとして、光回線をつなぐことがおすすめです。

ただし、以下の場合においては、モバイルWi-Fiのみとしても良いでしょう。
・自宅でインターネット接続することがほとんどない
・自宅で仕事としてインターネット接続することはない
・自宅でPCやスマホ以外のインターネット接続はしない
・動画はほとんど見ない

自宅でインターネットをほとんど使わないなら「モバイルWi-Fi」、そうでないなら「光回線」が良いです。