初心者向け:図でわかるインターネット接続サービスの仕組み入門

インターネットの接続はあたりまえになり過ぎて、いざ「自宅にネット回線をつなごう」とすると、何をどうしていいのかわからない方は多いのではないでしょうか。

「何からはじめればいいかわからない」
「たくさんサービスがあって、どう選べばいいいのかわからない」
「ネットはつながってるみたいだけど、何がどうなっているのかよくわかっていない」

このページでは、初心者向けにインターネット接続サービスの仕組みを解説します。

「回線」と「ISP」の契約が必要


インターネットに接続するためには、【回線】と【ISP(インターネットサービスプロバイダ)】の2つの申し込みが必要です。

よく耳にする「フレッツ光」。あれは原則として【回線】を指しています。
テレビCMで耳にすることもある「OCN」。これは【ISP】です。

「え、でも、自分はOCN光を使っていて、1つしかサービスは使っていないけど」

いいえ、あなたもこの2つを必ず使っています。
【回線】と【ISP】はセットでサービスになっていることも多いです。
そのため、1つしか使っていないと認識している方は多いです。

普段使っているときにはこの2つを分けて考えなくても良いのですが、より安い料金でサービスに申し込むためには、「別々に安いものを使う」という手法もあります。

インターネットに接続するためには【回線】と【ISP(インターネットサービスプロバイダ)】を使っているということを頭に入れておいてください。

回線は「(原則として)物理的な管のこと」、ISPは「管と自宅をつなぐサービスのこと」と認識しましょう。

回線のサービス例

フレッツ光
auひかり

ISPのサービス例

OCN
BIGLOBE
ぷらら

セット(回線+ISP)のサービス例

OCN光
BIGLOBE光
ぷらら光
NURO光

モバイルWi-Fi(ワイファイ)は?

自宅に光回線はつながずに、モバイルWi-Fiだけ契約して、外出先でも、自宅でもモバイルWi-Fiを使うという方も少なくないと思います。

モバイルWi-Fiも考え方は同じです。接続するためには【回線(無線回線)】と【ISP】が必要です。
ただし、現行のモバイルWi-Fiサービスはすべてセットになっていて、個別申し込みはできません。

申し込みをすると四角い端末が届いて、少しだけ初期設定をすれば、簡単にネット接続を開始することができます。

セット(回線+ISP)のサービス例

ワイモバイル(LTE回線 + ワイモバイル)
UQ WiMAX(WiMAX回線 + UQモバイル)