LINEモバイルにiPhoneのままauから乗り換えました。デメリット、評判、速度は?

長年使っていた「au」から「LINEモバイル」についに乗り換えました。

乗り換える前に、格安シムならどのサービスがいいのか、iPhoneのまま乗り換えられるのか、どのくらい安くなるのか、速度は遅くならないのか、たくさんのことを調べました。

実際に使ってみて、4ヶ月経ったので、利用した感想を整理してまとめたいと思います。

LINEモバイルに乗り換えて良かった!

結論としては「LINEモバイルに乗り換えて正解」でした。

安くなった

圧倒的に安くなりました。これまではauで月6500円(+端末代の残金2500円)を支払っていましたが、LINEモバイルに変えることで月3500円(+端末代の残金2500円)になりました。

毎月3000円ほどが浮いたことになります。+3000円を支払ってauに戻りたいかというと自信を持ってノーと言うでしょう。

速度ストレスはあまりない

月末になったら速度制限にひっかったり、時間帯によっては速度が遅くなってストレスが多少あるんだろうなと覚悟していました。しかし、その速度ストレスもほとんどありませんでした。

月の容量が7GBのプランを使っていますが、これを使い切ったことはまだありません。

速度が遅くなる時間帯は回線が混み合うお昼や夜ですが、これらの時間帯はWi-Fi環境にいることが多いため、ストレスを感じることもあまりありませんでした。

利用状況をLINEで確認できて便利

もうひとつ、とても便利になったことがあります。データ量の利用状況、毎月の請求金額をLINEで簡単に確認ができます。auを使っていた頃、auの公式サイトや公式アプリで確認できることは知っていましたが、専用アプリを開いたり、サイトにアクセスするのが手間であまり確認していませんでした。

LINEモバイルでは、いつも使っているLINEアプリ内で、ともだち登録したLINEモバイルアカウントを開けばすぐに確認ができます。「あ、今月はまだ月半ばなのに少しデータを使いすぎてるな」と簡単に見直せるようになりました。これも、月の容量を使い切らずに快適に使えている要因の1つです。

auから格安シムへの乗り換え先サービスの検討

乗り換えするときに重要視した条件

auからLINEモバイルに乗り換えようと決める以前、2ヶ月間ほど他の格安サービスを調べたり、既に格安シムを使っている友人に使い心地を聞いたりしました。

格安シムに乗り換えるときに重要視しようと思ったのは「費用」「速度」「柔軟性」「乗り換えの手軽さ」です。

BIGLOBEモバイル

自宅のインターネット回線はBIGLOBEを使っているため、格安シムでも同じBIGLOBEモバイルを使えば契約も簡単そうだし、料金も安くなるのではと思い、最初の候補になりました。

しかし、BIGLOBEは、auからの乗り換えでiPhoneが使えるのかどうかが明記されていませんでした。公式サポートに問い合わせたところ、docomo、SoftBankからの乗り換えは可能だが、auからの乗り換えは保証できない(2018年10月頃)という回答だったため、BIGLOBEは諦めました。

UQモバイル

次に候補として考えたのはUQモバイルです。テレビCMをたくさんしていましたし、UQモバイルはau回線を使っている格安シムサービスであることを知っていたので、BIGLOBEのように「使えない」ということはないはずです。

調べていくうちに、僕が使っている「iPhone7」の動作保証が書かれていないことに気がつきました。そこで不安になったため、UQモバイルはいったん保留です。

IIJmio

こちらも格安シムで有名なIIJmio(アイアイジェイミオ)です。読みにくいサービス名をつけているため、サポートもユーザー視点になっておらず乗り換えも苦労するのではないかと考えて、少しだけ公式サイトを眺めて保留です。

mineo

mineoもよくテレビCMや街頭広告で見かけていたサービスです。悪くなさそうですが、決め手にかけるため保留です。

LINEモバイル

最後にLINEモバイルです。LINEが手がける片手間のサービスなのかなと思いながら、公式サイトを見ました。しかし、公式サイトの内容を読めば読むほど、自分にぴったりなのではという思いが強くなりました。

保留にしていた他の格安シムサービスとも比較して、LINEモバイルに決めました。

LINEモバイルとauの比較

LINEモバイルに乗り換えるにあたって、auとどこに違いがあるのかを調べました。特に気をつけて比較した点を表にまとめます。

月額費はどのプランを利用するかによっても異なりますが、auでもLINEでも同等のプラン(容量7GB)で比較しています。

au LINEモバイル
月額費 6500円 3500円
速度 いつでも速い お昼や夜は遅い
選べる端末 多く存在 シムフリー必須
サポート 店舗で手取り足取り聞ける WEBで質問できる
メールアドレス auのメールアドレスを使える メールアドレスは自分で用意

特に気になって比較したのはこんなところでしょうか。

メールアドレスは元々スマホでもGmailを使っていて、auのメールアドレスは使っていなかったので、問題ありませんでした。

ちなみに、今もキャリアのメールアドレスを使っている方は、できるだけ早いタイミングでGmailに移行してしまうことがおすすめです。格安シムだけではなく、三大キャリア間で、例えば、auからdocomoに移動する際にもキャリアメールを使っていなければ、気軽に移動できます。

LINEモバイルの速度制限は問題ない、速度もほぼストレスなし

プランごとの月間データ容量を超えて利用すると、速度制限がかかります。通常は快適に利用できますが、速度制限がかかると、少し遅いなと感じるかもしれませんが、月間データ容量を自分に合った容量にしておけばまったく問題ないです。僕は「7GB」のプランを使っています。

また、LINEモバイルの特徴として、速度制限が一切かからない「カウントフリー」というものがあります。僕はこのカウントフリーがあるから、LINEモバイルにしました。一番安いプランである「LINEフリープラン」では、LINEがカウントフリー対象で速度制限なく使い放題です。僕が使っている「コミュニケーションフリープラン」では、LINE、Twitter、Facebook、Instagramが速度制限なく使い放題。もうひとつ上位の「MUSIC+プラン」はLINE、Twitter、Facebook、Instagramに加えて、LINE MUSICもカウントフリー対象です。

もうひとつ、僕がLINEモバイルを使い始める前に気になっていたのは「混み合う時間帯は速度が遅いのではないか」ということです。実際に使ってみた結果、12時頃、19時頃は、やはり多少遅いです。待てる程度ではありますが。みんなご飯を食べながらスマホをいじっているので回線が混むのだと思います。

ただ、僕の場合は、この時間帯は屋内のWi-Fiがある環境にいることが多いため、Wi-Fiでネット接続しているため、まったく気になりません。たまに外出したり、友人とWi-Fiがないお店でご飯を食べているときに遅いなと思うくらいです。

LINEモバイルでYOUTUBE動画、マンガはストレスなく見れています

サッカー観戦が趣味なので、好きな選手のゴールシーンやプレー動画を見たり、AbemaTVで欧州サッカーの試合を見たりしています。5分や10分くらいのちょっと見であれば、問題なく見ることができています。速度も問題ないです。1試合まるまる(90分)をLINEモバイルの回線のみで見たことはないので、わかりませんが、見ることは問題ないのではないかなと思います。ただ、容量を結構使ってしまうかもしれません。僕の場合は、1試合観戦するときはWi-Fi環境がある自宅で見ることが多いです。

あとは、移動中にマンガもよく読みます。Kindleでダウンロードしたり、マンガアプリで都度ダウンロードしながら読んでいます。マンガもまったく問題ありません。マンガはWi-Fi環境ではなく、移動中にLINEモバイルの回線で見ることが多いです。毎日30分くらいはマンガを読んでいますが、速度も容量も問題になったことはありません。

LINEモバイルの通信エリアはdocomoと同じ

普段は東京を中心に生活をしています。仕事で3ヶ月に1回ほど首都圏外に出かけるため、地方でも問題なくつながることも重要視していましたが、docomoと同じエリアをカバーしているので、まったく問題ありませんでした。

品川-新大阪間の東海道新幹線でも、トンネル外であれば、ほぼ問題なく途切れることなく接続できました。移動中はスマホを触っていたいので、これは嬉しかったです。

LINEモバイルでiPhoneのテザリング(PC接続)は問題ない

auを使っていた頃から、外出先ではiPhoneのテザリングでPCをネット接続していました。昔はモバイルWi-Fi端末をもうひとつ使ってインターネット接続していたのですが、iPhoneでのテザリングでもまったく問題ないことに気がつき、モバイルWi-Fi端末は解約してしまいました。

LINEモバイルでもauのときと同じようにiPhoneでテザリングができて満足しています。PCでYOUTUBEで音楽を流しながら、Webサイトを見て、いったり来たりしながらメール返信するということもまったくストレスなくできています。僕の場合は、容量も7GBで十分間に合っています。

LINEモバイルに移ってから変わった行動

LINEモバイルに変えてから、auのときとくらべて、少しだけ自分の行動が変わりました。「お昼ごはんや夜ごはんの時間帯はWi-Fi環境をできるだけ使うようになった」「電話ではなくLINE音声通話を使うようになった」の2つです。

お昼ごはんや夜ごはんの時間帯はどうしても回線が混み合ってしまうのか速度が遅くなりがちなので、動画を見ながらごはんを食べるということは少ししにくいです。そのため、できるだけWi-Fi環境でごはんを食べるようになりました。

また、電話は20円/30秒と少し高め(10分電話したら400円)なので、あまり電話を使わなくなりました。LINEの音声通話で電話をするようになりました。慣れたら、こっちの方が便利かもしれません。音声の品質も問題ないですし、ビデオ電話にすぐに切り替えることができますし。

LINEモバイルでのネガティブなことは、この2点くらいです。といっても、後者の電話はあまりネガティブでもないので、お昼ごはんや夜ごはんのときは回線が遅めということだけですかね。

LINEモバイルに乗り換える前に気になったこと

現在使っているキャリアの解約金は?
2年縛りで使っている人がほどんどだと思いますが、僕はたまたま2年縛りのちょうど更新月に乗り換えることができたので、解約金はかかりませんでした。それ以外であれば、乗り換え前の携帯キャリアの解約金はかかってしまうのかもです。
現在使っている端末代金の残りの支払いは?
僕はauでiPhoneを36分割払いで買って、端末代金の残金が残っている状態でLINEモバイルに乗り換えました。auからは端末代金の残金のみが毎月請求され続けて、LINEモバイルからは通常の月額が請求されるという状態になりました。キャリアによっては、乗り換えたらそのタイミングで残金を一括支払いしないといけないケースもあるみたいなので、利用中のキャリアに問い合わせてみると良いでしょう。
現在使っている端末保証はどうなる?
これも現在利用中のキャリア次第だとは思いますが、原則は、端末保証はナシになると思います。LINEモバイルにも端末保証オプションがあり、元々自分で使っていた端末もこの対象にできるので、元々のキャリアの端末保証は解約になって、LINEモバイルで新たに端末保証オプションを付けるということになります。
災害時の回線速度はどうなる?
正直、わからないです。これはLINEモバイルに限らず、みんな一斉に回線にアクセスすることになると思うので、どのキャリアを使っていても接続しにくい状態になるのかもしれません。災害時には、原則Wi-Fi環境でアクセスすることが良いのかもです。
LINEアカウントなしにLINEモバイルを使える?
問題なく使えます。LINEモバイルという名前を聞くと、LINEを使ってないとダメなのかと思うのです(僕も最初そう思ってました)が、LINEのアカウントを持っていなくても使えます。

LINEモバイルで使えるオプション

LINEモバイルのオプションの一部を紹介します。

Wi-Fiオプション(+月額200円)

LINEモバイルはモバイル回線でインターネットに接続していますが、全国約4万9000箇所のWi-Fi環境でWi-Fi接続もできるようにするオプションです。セブンイレブン、ローソン、スターバックス、タリーズ、プロント、カフェ・ド・クリエ、モスバーガー、デニーズ、イトーヨーカドー、ヨークマート、上島珈琲店、ロッテリアなどをよく使う人であれば、Wi-Fi接続を使うことで速度制限を受けにくくなり、便利になるでしょう。特に自宅にWi-Fi環境がない人はこのオプションを使っておくと良さそうです。
「Secured Wi-Fi」のステッカーが貼ってあるお店で使えます。

ウイルスバスターオプション(+月額420円)

セキュリティ向上させるオプションです。PC向けのセキュリティソフトでも有名なトレンドマイクロの提供するサービスをオプション導入することができます。機密情報などを取り扱うビジネスで使う人は入れておいた方が良いでしょう。個人利用であれば、特にセキュリティが心配な人でないかぎりは今のところあまり気にしなくても良さそうです。

LINEモバイルにiPhoneのまま乗り換えた手順

LINEモバイルに乗り換えようと決めてから、数日で乗り換え完了しました。思っていたよりも簡単で「これなら誰でもできそう」と思いました。

SIMロック解除する

auでiPhone端末を購入し持っていたので、それをそのまま使いたいと考えていました。docomo端末であればそのまま使えるようですが、au端末だったのでSIMロック解除が必要です。

auの公式サイトからSIMロック解除をすることができました。お店に行く必要なくすべてオンラインで完結し、とても簡単でした。簡単過ぎて、本当にこれで終わりなのかと不安になり、何回も公式サイトの説明も読みましたが、問題ありませんでした。
SIMロック解除のお手続き(au)

MNP予約番号を発行する

これは電話でauに問い合わせる必要があります。サポートの方と電話で話して、乗り換えるためにMNP予約番号を発行してほしいことを伝えます。注意点を丁寧に教えていただけて、少しだけ引き止められますが、心を鬼にして(笑)もう乗り換えることを決めたと伝えると、MNP予約番号を発行してもらえます。
解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへ(au)

電話でも説明を受けると思いますが、MNP予約番号には有効期限(15日間)があり、その有効期限内にLINEモバイルへの乗り換え申し込みを完了する必要があります。

LINEモバイルに申し込む

「SIMロック解除したiPhone」「MNP予約番号」この2つを手に入れたら、LINEモバイルに申し込みです。LINEモバイルの公式サイトから申し込みます。これも簡単です。すぐに完了できます。
LINEモバイル

LINEモバイルのSIMが届いたら、端末にセット

数日でLINEモバイルのSIMが届きます。小さい封筒で届くので、間違って捨てたりしないように気をつけましょう。

説明書を読んで、SIMを取り出して、iPhone端末にセットします。このとき、iPhoneのSIMの取り出すための用具(針金)がなくて困ると思いますが、クリップを曲げて先をまっすぐに伸ばせば代用できます。SIMをセットしたら、もうすぐで完了です。

APN設定をする

最後に、APN設定をします。この設定をするためにはWi-Fi環境が必要です。同封されている説明書に書いてあるとおり、Wi-FiでLINEモバイルの公式サイトにアクセスし、ページ内容に沿ってAPN設定を進めます。ページに沿ってそのままやればいいだけなので、これも簡単です。

以上で、iPhoneのままauからLINEモバイルに乗り換え完了です。

まとめ

LINEモバイルにして良かったです。

乗り換える前は「auを10年近く使っていたからもしかしたら後悔するかも」と思っていましたが、まったく後悔していません。

「お昼や夜ごはんのときに少し回線が重い」というデメリット、「圧倒的に料金が安くなる」というメリットで、明らかにメリットが上回っています。

もっと良い格安SIMサービスが今後生まれたらまた乗り換えるかもしれませんが、それまではLINEモバイルを使い続けます。

<この記事で登場したサービス>
LINEモバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です